Joseph GRUSS et Fils

アルザスの新星

ジョセフ・グリュス

ブドウ畑の区画数はじつに42にも分かれ、標高280〜340メートルの高さに散在。当然、それぞれのテロワールは異なっている。石灰性の泥灰土や石灰性の砂岩など。栽培方法はリュット・レゾネで、自家製の堆肥を必要に応じて使用。冬は畝間にライ麦の種を蒔いて生やし、表土を柔軟に保たせている。つねに畑を観察。闇雲に薬剤を使うことはしない。処置が必要な時であっても、使用するのはもっぱら、硫黄、銅、イラ草を煎じたものという。収穫は手摘み。選果の後、空気式圧搾機でゆっくりと搾汁。発酵にはステンレスタンクを主に使用している。だからといって伝統を軽んじるものではなく、オークの大樽も用いる。自生酵母により自然発酵。ワインは澱とともに翌年3月まで熟成させ、その間にバトナージュを行う。清澄は澱引きと珪藻土による軽いろ過のみ。瓶詰めは暑い夏が来る前、果実の日で月の降りる日に好んで行っている。


2019年

入荷しました

ピノブラン ¥2090

リースリングVV ¥2640

ピノノワール ¥2640

リースリング グランクリュ アイヒベルグ ¥4400

ピノノワール グランドV ¥3960

訪問したのは

2019年

当主のアンドレさんに

土壌から

造りまで

ご説明いただき

じっくり試飲も

させてもらった

思い出深い蔵です

奥様も

とても優しく

歓迎してくれました


このお二人が造る

アルザスワイン

ぜひお試しください

AWAさん

ユルリッチ モンブラン ¥3300

ユルリッチ ベルナチュレル ¥3300

<HARETER ハレタ>Naturschönheit 2017

ナチュアショーンハイト ¥3080

ツヴァイゲルト、サンクト・ラウレントのキュヴェワイン。花の芳香と香辛料、青い果実、赤い果実、森の黒系果実を思わせるベリー感、ブラッドオレンジ、カシスとアールグレイの紅茶、菫の飾り、上質のスパイス、ジャワ産胡椒、プロヴァンスのハーブ、スター・アニス、煙草のニュアンス、空気のような、かぐわしい爽やかさ、足取りも軽やかで、ワイルドなチャーミングさ、気取らずだれもが楽しめるワインです。

AZUMAさん

マルクラファージュ LEA ¥3630

ギイシモン ACブル ¥2530

旨安シャンパーニュ・ルアレ・デボルド・ブリュット ¥4235

五感に響く柔らかなブラン・ド・ノワール、 ヴァレ・ド・ラ・マルヌの生産者が造るスタンダードキュヴェコート・デ・バールの契約栽培農家の造るムニエ種とメゾンの所有するヴェルヌイユ村のピノ・ノワールをブレンド。果汁は一番搾りキュヴェのみを使用。熟成期間は18~24ヶ月。ガス圧6.7気圧。ドサージュ6g。

ヌーヴェルセレクションさん

プティジャン ACブル ¥2750

ワビサビ ¥2420

コトー・ブルギニヨン ルージュ レ・ブラック・チェアーズ ¥3520

ピノノワール50%、ガメイ50%のブレンド。シャンボール村内のACブルゴーニュ区画(「レ・バタイユ」「レ・バス・バタイユ」)60%、ジイィ・レ・シトー村内のACブルゴーニュ区画(「バス・グレーヴ」「レ・ジュヌヴレ」)30%、フラジェ・エシェゾー村内のACブルゴーニュ区画(「アン・ボルリィ」)10%で合計約1.45ha。平均樹齢約40年。3回使用樽で12ヶ月間熟成。2018年ヴィンテージより、生産者収益金の一部は、ComitéDépartemental Handisport de Côte d'Or(コート・ドール県ハンディスポーツ部門委員会)」および「Association Quad Rugby avec Corentin et les Black Chairs(コランタンとレ・ブラック・チェアーズによる車いすラグビー協会)」に寄付されています。

キムラヤ号

修理完了

交換したのは

フロント&リアの

コントロールアーム

スタビライザーブッシュ

スタビライザーリンク

ブッシュ部分が

よぼよぼ

見た目はいいけど

劣化してました

ケンさん

お世話になりましたっ

ちなみに

これは

964のエンジン

水平対向6気筒

ボクサーシックス


これだけで

サケノアテ

晩酌

ピエール・ルグラ

オリーオル

2013年

今週は

波に当たりますように

木村屋酒店|熊本市新町にある酒屋

熊本市中央区新町2-12-31 | TEL 096-352-0835 | 営業時間 AM10:00 ~ PM8:00 | 定休日 毎週水曜日+第三火・水・木曜日は3連休