おいしいChampagne

 モイヤ・ジョウリー・ギルボー

¥4950

2016年から除草剤と硫酸銅溶液を使わない、減農薬(リュットレゾネ)によるブドウ栽培を行っています。雑草の処理は、地表から5cm程度の地中を鋤く機械で草の根を切っています。ブドウが成熟するのを待ちつつ、フレッシュさが落ちないように慎重に収穫日を見極めています、従ってシャプタリザシオンはこれまでの長い経験の中でわずか4、5回だけ。加えて、質を重視して、圧搾したブドウジュースの1番絞りである「キュヴェ」だけを使った贅沢な仕込みです。

フランソワ・ブロソレット

¥4730

発酵は天然酵母を使用、亜硫酸の添加もごくわずか、結果アタックからアフターまで曲線を描くように上品な果実味と繊細で液体に溶け込んだ酸が体に浸み込んでいきます。生産量の85%がフランス国内に販売され、残りの15%はベルギー、ルクセンブルグ、イタリア、そしてドイツに輸出しており日本へは初のお披露目です。


イル・ルーヴェ ¥5500

ピエールモンキュイ ¥5720

ペルスファルジュ ¥5830

ピエールルグラ ¥5995

シャルルエドシック 2006 ¥12100

ランソン ノーブル ¥15400

ロッソディマルコ ¥3300

ピエトロビアンコ ¥2640

ナンニ ¥2970

1970年代、ダニエーレの父親はヴェネト州ヴィチェンツァから南に30kmのアロンテにあるコッリ ベーリチの標高200m、石灰岩を含む粘土質土壌の4ヘクタールの畑にブドウを植え始め、近くのワイナリーにブドウを売って生計を立てていました。ダニエーレも父親の畑を手伝っていましたが、1990年代後半に隣の生産地域ガンベッラーラに住むラ ビアンカーラのアンジョリーノ マウレと知り合ったことで人生が大きく動き始めます。ソアーヴェという巨大なワイン銘柄を支えるゾーンから外れたこの地域ではブドウを売却しても二束三文、有機栽培をしてもブドウの価値は重さでしか量られません。ブドウ栽培農家として限界を感じていた彼にとって、自分と同じように無名の土地から世界中にナチュラルなワインを発信するアンジョリーノは特別な存在に感じたことでしょう。そんなアンジョリーノの勧めもあって、2004年から有機農法に転換、子供たちの未来も考え覚悟を決めました。2007年に自身でタイ ロッソを植え、アンジョリーノから使い古しの小樽を1つ借り、メルローを仕込んだのが実質的な初めてのヴィンテージとなり、翌年から本格的に自家醸造とボトリングを始めます。

シードル ¥1485

サイクリックビアファーム ¥1980

ジャックフレラン ¥2090

 このワイナリーは今まで私が選んだ完全ナチュラルワインとは違うコンセプトです。無農薬のブドウで、SO2を入れずに低価格で安全に事故無く大量生産するための醸造方法です。小さなワイナリーで拘っている造りとは違いますが、私は同じワインを造る者として、この価格でよく頑張っていると思います。そのため、瓶詰めやワイン保管等々、効率良く経費を抑えております。自分の会社で出来る部分、他社に委託する効率がいい部分、その両方をよくよく研究しております。この環境下でSO2無しのワインを造れ!と私に言われても無理かもしれません。新井順子

ドニニクガロワ ¥4950

アベイドサントネ 1級 ¥7150

フィリップリヴェラ ¥5500

ジュヴレイ・シャンベルタン村において並外れた多様性を発見しようとする場合、その鍵は、ここ 『ドメーヌ・フィリップ・リベラ』 のセラー内にあると言えるでしょう。彼らはテロワールの個性を最大限に生かすため、栽培のみならず醸造においても、その過程は非常にシンプルです。

【発酵】ステンレスタンクを用いて野生酵母による自然発酵を行います。

【熟成】樽の使用はキュヴェごとで細かく変えており、熟成期間は11カ月~18ヶ月間です。11カ月~18ヶ月間です。

【瓶詰】清澄作業は行わずフィルターもかけずに瓶詰されます。

晩酌

ジルペールピク 2018

感服

流石

ディディエさんっ

モイヤ・ジョウリー・ギルボー

ぐう

今のボクの頭は

足回りの事で

一杯


オーリンズ

ビルシュタイン

カーヴェー

フロントロアアームは

変えるべきと思うが

スタビライザーリンクも

変えるべきか


考えること

沢山

水曜の波も

気になるな~


大好きなマチャド





木村屋酒店|熊本市新町にある酒屋

熊本市中央区新町2-12-31 | TEL 096-352-0835 | 営業時間 AM10:00 ~ PM8:00 | 定休日 毎週水曜日+第三火・水・木曜日は3連休